セフレを作れるような人は、ルックスも良くお金持ちで、しかも会話も凄く上手いイメージがあるかもしれません。
しかし、実際はセフレを作る人のほとんどは、至って平凡な人ばかりなのです。
ルックスも別にいいわけではなく、ごく普通の会社員として働いている、どこにでもいるような人ばかりなのです。
もちろん、特に会話に長けているわけでも、女性を口説くのが得意なわけでもありません。
今の時代は、出会い系サイトがセフレサイトがあるおかげで、誰でもセフレを作ることができる時代なのです。
昔であれば、上記のような多少のステータスも必要だったかもしれませんが、今はそのようなステータスは一切不要なのです。

ただ、当然ですが自分から積極的に行動をしなければ、セフレを作ることはできないわけですから、セフレを作れるような人は積極性があると言えるのです。

ですから、セフレを作ろうとする意思と、それを行動で表す勇気さえあれば、誰でもセフレを作ることはできるのです。
それがなかなかできない人が多いからこそ、どうしてもハードルが高いイメージがあるかもしれませんが、そこさえ乗り切ればいいわけです。

セフレ関係がすぐに終わってしまう理由

近頃ではメディアの影響もあってセフレを作ることが珍しくはないです。
それだけ性にオープンな時代になってきたのでしょう。
インターネットでもセフレサイトとキーワードをいれると多くのコミュニティサイトがヒットしてきます。

しかしながら、セフレ関係は恋人関係とは違って断トツに交際する期間は短いという特徴があります。
このことは<セフレと作りたい人が多い理由>とも関係しています。
今回は【セフレ関係がすぐに終わってしまう理由】について迫ってみましょう。

愛し合って結婚したカップルであっても、ずっとラブラブえっち!ができるとは限りません。
一つの大きなターニングポイントは妊娠・出産があります。
そして、もっと大きな要因が<マンネリ化>です。

同じパートナーとセックスを続けることに飽きてしまうのです。
多くのご夫妻が、セックスレスになって性的欲求を解消できずにいるのです。

セフレサイトで興味がある相手が見つかっても、実際に肌を合わせてみない限りは身体のフィット感は分かりません。

服屋さんで試着するような感覚で、<一度セックスしてみよう>と思うのでしょう。
セックスしてみて相性がよくなければセフレ関係はそれっきりです。

また、ふたりのセックスの相性は身体だけではなくて、性的テクニックも大切なファクターです。
熟女の一部には<童貞が好き>な女性もいて、自分好みにテクニックを教えたい人もいます。

ですが大部分の女性はセックステクニックが長けている男性を好みます。
人気がないのは<自分だけ気持ち良くなればいい>という男性です。
女性は自分も気持ちよくなりたいわけで風俗の女性ではないのです。

長続きするセフレ関係は理想かもしれません。
ですが、現実問題として2か月か3か月が限界で新鮮味はなくなってきます。
短いサイクルでセフレの相手を変えるのは避けることができないでしょう。

セフレ関係をスムーズにするには愛情はなくても優しくエスコートすることが大切です

セフレ関係をスムーズにするには愛情はなくても優しくエスコートすることが大切ですから覚えておきましょう。
愛情があってセフレ関係になることは基本的にはありません。

けれども、セックスして肌を合わせている間に情が移って恋愛感情を芽生えさせてしまうことは良くあることです。
そんな関係になってしまうとセフレという位置づけではなくなってしまいます。

割りきった関係・愛情がない関係――これがセフレ関係の原則です。
けれども愛情がなくても冷たくしてはいけません。
自分の性欲を解消したいだけでの交際ではスムーズに行くハズがありません。

あなたにも気持ちがあるように相手も気持ちがあるし都合があります。
人間誰しも冷遇されている相手には心を開くことがありません。

<身体を開いて無防備な状態になる>のがセックスです。
愛情はなくても信頼感がなければ心を開く事はないです。
セフレ関係には大切なのはこの<信頼感>です。

相手が結婚をしていればセフレ関係は不倫・浮気になります。
そういったケースは秘密を厳守することが至上命題になるわけです。
秘密を守ってくれる――これがないと既婚者とのセフレ関係は実現できません。

単純にホテルで待ちあわせをして部屋に入って無言で性行為だけをするのでは駄目です。
良いムード作りができるとステキなセックスを楽しめるのです。

人によりますが<恋愛感情が芽生えるとヤバイ>と意図的に冷たく接して欲しいと望むならば話しは別になります。

しかし、ほとんどの人は優しく接して欲しいのです。
毎回でなくても、デートしたり食事したりする機会も作ってみてはどうでしょうか?